JNの全力勉強日記

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWNⅠ和訳・解説【コミュ英Ⅰ】LESSON2-1 単語リストも掲載!

 以下は高校1年生向け英語の教科書

『CROWN English Communication I』のLesson2-1の本文和訳とちょっとした解説になります。

 

f:id:bio19base:20171009211524j:image

 

  ↑単語を辞書で調べる手間が省ける優れもの!

 

 

 

bio19study.hatenadiary.jp

  ↑CROWNⅠの和訳一覧はこちら

 

ぜひテスト勉強等の参考にしてください!

 

 

 

Lesson 2    Going into Space

 

[1]若田光一氏が5歳の頃、アポロ11号が月に着陸した。

 

[2]彼は宇宙飛行士になることを夢見た。

 

[3] 27年後、彼は宇宙への最初の旅を達成したのです。

 

 

 

Lesson 2-1

 

[1]私は宇宙へ行くたびに、地球に対する愛情を発見する。

 

[2]私は国際宇宙ステーションISS)に3回滞在したことがある。

 

[3]それ(ISS)は我々の上空400kmの高度で地球の周りを回っている。

 

[4]地球の周りを1周するのには90分かかる。

 

[5]45分間は昼間の景色を眺め、次の45分間は夜の景色を眺める。

 

[6]夜は非常に暗い。

 

[7]星は輝き、天の川はずっと長く広がっている。

 

[8]我々の青い惑星地球は広大な宇宙ではオアシスのように見える。

 

 

[9]あなたはTVやインターネットで宇宙から見た地球の写真を見ることができる。 

 

[10]しかしながら、それらの写真は実際に宇宙から眺めた地球の景色とは全く違ったものである。

 

[11]あなたはハッキリと海や雲や山や川を見ることができる。

 

[12]その形によって、日本でさえも確認することができる。

 

[13]私は美しいふるさとの惑星があって本当に幸運だと思う。

 

 

 

Lesson1に比べるとちょっとだけ文章が長くなった感じでしょうか、、、?

 

いくつか重要表現や初めて見る単語なんかもあったと思います。

  

単語なども自分が知っている意味の他にも別の意味があったりして、かなり特殊なもの以外は覚える必要がありますね!

 

以下で確認してみてください!

 

 

 

 

Lesson2

 

 

[1] land「着陸する上陸する

 

[2] dream of ~ing 「~することを夢見る

  この表現は”dream that S+will+V”としても表すことができます。

   例)He dreamed that he would become an astronaunt.

 

     astronaunt  「宇宙飛行士

 

     make a trip 「旅をする間違いをするつまずく

  ↑いろいろな意味があるので要注意!!

 

 

 

 Lesson2-1

[1] every time S+V 「~するときはいつも~するたびに」 

 =each time S+V も同義

  例)Each time I tried, I failed.「私はやるたびに失敗した。」Tanaka Corpus

 

 

[2] have been は現在完了形の表現でここでは経験を表しています。

  例)I have been to Tokyo before. 「私は以前東京に行ったことがある」

 

 

  International Space Station (ISS) 「国際宇宙ステーション

 

 

[3] go around~ 「~の周りを回る

 

また、”above”は「~の上に」という趣旨の前置詞(副詞もあり)として使われていますが、”on”とは異なり対象物が接触していないという距離感が含まれた意味になっています。

ここでは”ISS”と”us(地球人)”とは接触していませんよね?

 

例)The apple on the desk.  

この文では机の上に接触して乗っているリンゴということになります。

 

 

[4] S+take+時間+to~ 「Sが~するのに(時間)かかる

 

 

[7] Milky way天の川

 

  on and on 「長々と延々と休まずに

 

 

[8] planet 「惑星

 

  vastness 「(名)広大

  例)limitless vastness of our solar system

   「我々の太陽系の無限の広大さ」 日本語WordNet

 

 

[12]  even「~でさえも

   identify A by B 「BによってAを見分ける、認識する

 

↑この文は面積の小さい日本でさえも、形を見ることで判別できるくらいハッキリとした景色を見ることができますよ、と強調している文章になります。

 

 

 

こんな感じの文章になっております!

 

国際宇宙ステーションからみる地球...

 

さぞかし美しいんでしょうねぇ!!!!

 

一度でいいから見てみたい!!

 

 

f:id:bio19base:20171208151305j:plain

 

 

続きは以下のページへ!

bio19study.hatenadiary.jp

bio19study.hatenadiary.jp

bio19study.hatenadiary.jp

  ↑CROWNⅠの和訳一覧はこちら